西村ボディメイキングスタジオのトレーナーがお役に立つ情報をお届けします

menu

京都フィットネス界
初導入!!

フィジカル
遺伝子分析

お問い合わせ

075-212-0724

Webでの予約・
お問合わせはこちら
メディアの方へ

BLOGブログ

2018.03.12

今流行りのお尻を鍛えると良いホントの理由

西村ボディメイキングスタジオの江間です。
今回は女性なら誰でも気になる”お尻”について。
 

最近ではお尻を鍛えるトレーニング方法が雑誌で取り上げられたり、お尻専門のジムまで出てきました。女性らしいボディラインを簡単に手に入れられるかも、とハマっている方も多いかと思います。

 

 
しかし!
お尻を鍛えた方がいいホントの理由はそんなことではありません。
 
私たちの体の中でお尻がどんな役割をしているのかというを知っていただけたらもっとお尻を鍛えたくなるはずです。
 
 

 お尻の役割とは?

お尻は大きく分けて大殿筋、中殿筋、小殿筋という筋肉から成り立っています。
 
下半身で一番大きい筋肉と言ったら太ももをイメージされる方が多いですが、実は体の中で殿筋群(お尻の筋肉)は最大の筋肉と言われています。
 
=代謝を上げるうえでとても重要。
 
これらの筋肉の役割は、キレイなヒップラインを作るだけではありません。
 
お尻の筋肉の最も重要な役割は、股関節を動かすこと。 
 
下のグラフを見ていただくとお尻の筋肉がいかに股関節を動かすことに貢献しているかが分かりますね。
 
 
では股関節を動かすことにどんな意味があるのでしょうか。
 

 美しいボディラインは股関節でキマる。

 
股関節は立つ、歩くといった日常生活に欠かせないあらゆる動作で毎日使われています
股関節まわりには様々な筋肉があり、上手く使えていればお腹・腰まわりの代謝が上がり脂肪も付きにくくなります。
 
私は股関節を上手く使えるようにするトレーニング=お尻の筋トレを行っただけで、1か月でウエストにくびれができました。
しかも腹筋のメニューは一切行っていません!
 
女性らしいヒップラインを強調したいのであれば、ウエストサイズとヒップサイズの比率がポイントになります。
その黄金比率は、ウエスト(cm)÷ヒップ(cm)=0.7と言われています。
 
どこの国の男性においてもこの0.7という比率の女性に魅力的と感じる傾向があるという調査結果も出ているくらいです。 
 

 尻トレは股関節を意識しましょう。

 
お尻のトレーニングをするときに大切なのは、股関節の動きをしっかり出していくことです。
 
お尻を鍛えて日常からしっかり使えるようにしておくことで、股間節の動きをスムーズにします。
その結果として体全体の代謝を上げることにも繋がるのです。 
 
次回はお尻のトレーニング方法をお伝えします。
お楽しみに!
ブログ記事一覧に戻る

2018.05.19

七瀬あきらの体験日記(10回目)

体験日記

2018.05.09

女性にとってトレーニングの魅力とは

コラム

2018.05.05

七瀬あきらの体験日記(8回目)

体験日記

2018.04.25

スポーツに筋トレは必要ないのか!?②

コラム
Web予約・お問い合わせWeb予約・お問い合わせ