西村ボディメイキングスタジオのトレーナーがお役に立つ情報をお届けします

menu

京都フィットネス界
初導入!!

フィジカル
遺伝子分析

お問い合わせ

075-212-0724

Webでの予約・
お問合わせはこちら
メディアの方へ

BLOGブログ

2017.07.28

西村ボディメイキングスタジオでのメゾッド

西村ボディメイキングスタジオの西村です。

3回目となる今回は西村ボディメイキングでお伝えしているメソッドの6つのうち3つを紹介したいと思います。

 

1.筋力トレーニング

これは誰もが必要だと答えられると思います。

では一体何故必要なのかは答えられるでしょうか?
大抵の方は代謝を上げる為と答えられると思います。それはもちろんそうなのです、一般的に言われる基礎代謝をあげても劇的に一日の消費カロリーがあがることは考えにくいです。
ではなぜ筋トレをするかというと筋力をあげミトコンドリアという脂肪を燃やす器官活性化させることにあります。
ミトコンドリアは体の中に数百から数千あると言われその8割が筋肉中に存在します。
その体の中にあるたくさんの脂肪を燃やす機能を使わないことは非常にもったいないことだと言えます。

その為の筋力トレーニングの頻度や負荷は適切でなければいけません。
前述の頻度に関してお話すると1日すごく頑張ったからすぐに筋肉がつくわけではなくここでも大事なのは継続性です。
よく筋トレを頑張ったけどしんどいから続けられなかった、また気が向いた時にやろう。こういう方もいらっしゃいます。しかしこれでは何も効果がないばかりかせっかく頑張ったトレーニングがむだになります。
先ほどもお伝えしましたがトレーニングの原則として継続性の原則というものがあります。
これはトレーニングは継続することで効果が出る継続した期間で筋力が持続出来るという原則があります。
逆に言うと続けなければ効果が出ない、持続出来ないということです。
ではどれくらいの継続期間がいるかというと最低3か月の要します。
筋肉も細胞なので細胞の入れ替わるために3か月かかるということです。

最近CMで2か月でこの体という謳い文句がありますが、あれは減量に特化したということであら実際に筋肉をしっかりつけようと思われるのであれば3か月必要なのです。
ただこの期間は初期定着の期間であり、実際に筋肉を定着させるには半年~1年はかかります。
そんなに頑張るのは中々容易ではありません。しかしそれだけ頑張るからこそ充実感があり、自分自身に自信が持てるのです。例えただ寝てるだけできれいな体になれたとしても楽ですが本当の意味で自分が磨けたとは言えないと思います。

基本的にトレーニングしてから2週間空くと前回のトレーニングの効果はなくなると言われています。
御存知の方もあるかと思いますが、これとは別に超回復という働きがあります。
これはトレーニングを行ってから48~72時間使った筋肉を休ませると筋力が上がるという理論です。
上記の理論を組み合わせると最低週2回はトレーニングをする必要があります。
最近では超回復に必要なのは24時間で十分という説がありますが、トレーニングの経験があまりない方は48~72時間休めるのが適当だと考えます。

では今度は負荷のついてのお話です。
負荷に関しては過負荷の原則というものがあります。

2.サプリメント

サプリメントは薬だと思うので飲みたくないという方もすごく多いです。
しかし体に変化が出ている方は圧倒的にサプリの使用率が高いです。
サプリメントは薬ではなく、栄養素が凝縮されている栄養補助食品で体を変えることにはすごく適任です。

じゃあサプリ飲んでおけば大丈夫と思われるかもしれません。ここで勘違いしてほしくないのがあくまでも「栄養補助食品だということです。
栄養をしっかりと自分自身のエネルギーとして取り込み使用するのは食材を咀嚼することでその効果が最大限発揮されます。

サプリメントは様々な効果があります。
食べた唐や脂質の吸収を抑えるサプリ、日中の代謝を促進し脂肪分解に役立つサプリ、筋肉の合成をより捗らすプロテイン等です。
今は認知度も増え安価で手に入る物が多いですが、サプリは値段=効果と私は考えています。
高い物と安い物だと似たような成分が入っていていますが入っている種類の豊富さは当然高い方が多いです。
そうなれば当然効果にも差がでてきます。
安価なもので同じような成分を揃えようとすると結果高い物よりも値段が上がってしまいます。

どうせ使うなら高いサプリを使って頂きたいですが、中々手が出ない方は安い物だとそれなりの効果しか出ないのでせっかく飲むのであれば相場の中間の値段のサプリを選ぶのがベターではないでしょうか。

3.睡眠

睡眠と体を変えることに何の繋がりがあるか疑問に思われるかもしれません。しかしこれを出来ていないと体は本当に体が変わりません。

睡眠をしっかりとることで体を休める副交感神経系が優位に働くことが出来、心身のストレスを和らげます。この副交感神経が優位に働くことで体の循環が良くなり消化機能を促進したり代謝機能を高めることで筋肉の合成や脂肪の分解にも役に立ちます。

また睡眠中に脂肪を分解するホルモンが分泌されるので睡眠をとることはダイエットに重要なウエイトを占めます。
同様に寝ている時に成長ホルモンが分泌されるので筋肉を合成するためにも睡眠は必要になるのです。
睡眠時間が短い方は肥満になる確率が高まりますし、いくらダイエットや筋肉をつけようとしても効果が出にくくなります。太ってしまった方や中々トレーニングやダイエットの効果が出ない方は一度睡眠について見直されてみてはいかがでしょうか。

見直すと言っても一体どれくらい寝ればいいのかというのが気になると思います。
1日に6~8時間睡眠が取れている方と3~5時間の睡眠時間の方を比べると最大で2倍効果に差が現れます。
寝るのが嫌いという方は中々いないでしょうし、睡眠をとるだけでこんなにも結果が変わるのであればやらない手はありませんね。

しかし睡眠はただ寝ればいいというわけではありませんその質が大事なのです。
寝ているのに中々効果が表れない方は次のような睡眠をとっているパターンが多いです。
・寝るのが遅い(深夜2時や3時)
・入浴や睡眠の用意が出来ていないのにベッドや布団以外の場所でうたた寝をし、途中で目が覚め前述のことを済ませてから再び睡眠に入る。
・寝る直前まで携帯電話を使っていたり部屋の電気やテレビをつけたままにして睡眠に入る

あなたはこれらの行ってしまっていませんか?
行ったことのある方なら経験があると思いますが、これらのことを行っていると睡眠の質が低くしっかりと眠った感覚が全然ありません。
睡眠をしっかりとることで代謝機能があがるとと先ほどもお伝えしましたが質の良い睡眠をとることは体を変えるための必需品なのです。

午前3時に睡眠時の代謝がピークになりますので3時までには熟睡していることが望ましいのです。したがって深夜0時や1時までには睡眠に入っておく必要があるのです。

下の2つは体の神経が十分に休めず興奮状態のままになりますので体が全く休めないです。
携帯電話を寝る直前まで使っていたせいで目が冴えて寝つきがわるい経験をした方は多いと思います。
睡眠途中で目が覚めて睡眠をとらずにまた携帯を触ったりするといつまでたってきちんと寝られないのでしっかりと体を休める習慣を作りましょう。

4.まとめ

いかがでしたか。
体を変えるにはどれか1つを頑張ればいいのではなくどれも適度に頑張る必要があります。
何事にも共通しているのは続けることです。
西村ボディメイキングスタジオではこれらのこと以外に色々な方法を個人個人に合わせてアドバイスさせて頂いています。
相談したいことがある方は一度無料カウセリングにお越しいただければ幸いです。

今回もお読み頂きありがとうございました。

西村光晶

ブログ記事一覧に戻る

2018.11.05

ウォーキングをすれば何でも解決する!?は本当か

コラム

2018.07.06

当店のお客様が競技ダンス大会にて初の入賞されました!

お知らせ

2018.04.25

スポーツに筋トレは必要ないのか!?②

コラム

2018.04.16

スポーツに筋トレは必要ないのか!?①

コラム
Web予約・お問い合わせWeb予約・お問い合わせ