西村ボディメイキングスタジオのトレーナーがお役に立つ情報をお届けします

menu

京都フィットネス界
初導入!!

フィジカル
遺伝子分析

お問い合わせ

075-212-0724

Webでの予約・
お問合わせはこちら
メディアの方へ

BLOGブログ

2018.02.19

トレーナー西村自身がどうやってコンプレックスを克服したか

こんにちは。
西村ボディメイキングスタジオの西村です。

わたしは京都の烏丸御池という場所でパーソナルトレーニングジムを経営しています。
今回は特にダイエットを希望される方に多い自分には食事制限なんてできない!という方や、体は変えたいけど努力やガマンなんてできない!という思いがある方に読んでいただきたいです。

人が何かを変えたいという動機はコンプレックスによるものが大きいです。
そしてその頑張るパワーはコンプレックスの大きさに比例すると考えています。

色んなことに挑戦したけどあなたが今まで変われなかったことや、うまく成果を上げられなかったのは効果的な方法ができていなかったのか、続かなくて諦めてしまったのかどちらでしょうか?

わたしはダイエットとは少し違いますが、コンプレックスがあり今まで取り組んだけど結果が出る前に諦めて続かなかったことがありました。
今は継続することができていて、少しずつですが結果も出てきているので今回のブログの記事にしようかと思いました。
ぜひ最後まで読んでみてください。

大学生の時にはあだ名がハゲ

タイトルにもありますが、わたしの悩みというのは男性の方に悩みの多い男性型脱毛症です。
今回の内容はわたしの薄毛です!
「そんなもん興味ねーよ」と思われるかもしれませんが、ダイエットやボディラインを変えるためにガマンをしたり、努力をすることは同じだと思います。

目的は違っても色々と通じることはあるはずです!ぜひ参考にしてください。

わたしの母方には叔父が二人いるのですが、二人ともわたしが物心ついた時(恐らく30代半ば)にはサザエさんに出てくる波平のような頭でした・・・
小学生の時から親戚で集まった時には「こんな風にお前もなるんやで」とよくイジられました。当時はそんなことなるわけないやんと思っていました。 ずっと髪も多く、抜け毛の悩みなんて自分には無縁だと思っていました。

しかしそんな甘い考えをしている間に悲劇が起こります。
大学2回生の時に授業中になんとなく髪の毛を引っ張ってみると髪の毛が簡単に抜けていくのです。 おかしいなとは思いながら頭を触っていると何本も抜けてしまい、昔はあんなに狭かったオデコが日に日に広くなっていきました・・・

そういった日々を積み重ねる間に友人からはハゲがあだ名がすっかり定着していました。
これが今も続く頭皮との闘いの始まりでした。

と言いながらも25歳ぐらいまではそんなに気にならなかったのですが、25歳を過ぎてからは本格的に脱毛が始まり出しました。
悲しいことにスポーツジムで働いている時や街中で鏡を見て薄い部分が見えていないかばかりが気になってしまっていました。

コンプレックスの解消には何より努力が必要

ここまで自分の悩みに書いていましたが、ここまで書く意図が中々わからないですよね。
それは・・・【コンプレックスの解消には努力が必要】だということです。
太っていたり、元々体のサイズが気になっていたり、わたしの様に毛髪の量に悩んでいたり・・・
それは遺伝や元の体質もあるかもしれません。

しかし、あなたに今お伝えしたいことは遺伝や体質のせいにして自分で努力することから逃げていないか?ということです。

人は変われるこれはわたしが3~4年ほど前から仕事をする上で大事にし、意識して使っているフレーズです。 最初にも書きましたが、わたしがなぜ今回はこのような内容かというと努力の結果成果が出たからです。


自慢ではありませんが、人生で継続して努力してきたことは社会人になるまでほとんど出来ていませんでした。 人見知りで引っ込み思案なわたしがここまで書くぐらい、結果が出ると自分のイヤな部分でも人に話せるぐらい自信になります。
自信がつくと思考も変わってきます。 今自分を変えたくてあなたが踏み出すことに躊躇しているのであればこのブログを読んで踏み出すきっかけになればと思っています。

現在わたしは現在男性型脱毛症治療のクリニックに通っています。
最初は恥ずかしくてそこに連絡をとることもためらっていました。 「自分なんてできないから」とライザップに問い合わせするこに躊躇している人と一緒ですね。

でもそんなことよりなんとしても毎日髪を洗う時に増える抜け毛をなんとかしたいという思いのほうが強かったです。

脱毛を治療するにあたり最初に指摘されたのは生活習慣の見直しでした。
その中でも特に注意されたのが「糖質と脂質を減らすようにする」と「半身浴」をすることでした。

わたしは小学生の頃から太りにくく、ラグビーをしていたこともあり体を大きくするために学生時は夜に米を三合食べたり、ラーメンも週3回も食べてりしていました。
それでも体重は増えなく社会人になってからも体を大きくすることに苦心していました。
その様な事情から自分はある程度たくさん食べても問題なかったのですが、それが却って髪が抜ける原因になっていたのです。

それを知ってもまだ糖質をたくさんとったり、ラーメンを食べるという選択もできました。
しかし周りにハゲていることを見られたくない、一々髪を気にしないといけない、風が気になり外出もおっくうなんていう現状を変えたくて食生活を見直し、頭皮の環境改善に努めました。

最初は食事の他に毎朝夜の約1時間の頭皮ケアの機械を使い、シャンプーや有酸素運動を推奨されました。
わたしは自他共に認めるめんどくさがりやなので運動や日々のシャンプーをちょっと頑張るというのは可能ですが、毎朝夜の頭皮ケアが続かなくてすぐに辞めました。(笑)
今は別のクリニックでもらう薬でと運動食事シャンプーで対応しています。

その結果明らかに髪の量が増え、最近では外を歩く時にものすごく神経質でしたが、そこまで髪の毛が気にならなくなってきました。 最初は生活習慣を根本的に見直すなんて中々難しかったですが、一度慣れてしまうとそれが普通になり今では全く苦にならなくなりました。

この半年でラーメンを食べたのは2回だけです。
内1回は外出先で時間がなく周りにラーメン屋さんしかなくどうしようもなく時でした。
ここまで減らさなくてももいいかもしれませんが、せっかくやるんだから妥協したくないという思いがありました。

少しずつでも前に進むこと

まだ完全に満足したというわけではありませんが、少しずつでも前に確実に進んでいるとコンプレックスが徐々に解消され自分が変わっていくのが分かり自信が増していきます。

これをダイエットに置き換えるとほとんど内容は一緒だと思います。
あなたも自分を変えるために無理にがんばり過ぎる必要はないです。
結果が欲しいのであれば当然ある程度のガマンは必要ですが、性格的にどうしても無理なことは取り入れる必要はないと思います。

取捨選択は必要ですが、知識が十分でないのに一人でトライすることも却って危険です。

ダイエット以外でも体のことについて相談することは可能ですし、一か所ではなく色々な施設のカウセリングを受け、あなたが納得して通える場所も見つけることがまず成功への一歩だと思います。

体は努力すれば必ず変わります。
あなたの今の悩みを一人で解決しようとするのではなく、あなたにとってのスペシャリストを見つけてください。

努力して結果が出るとあなたのコンプレックスを笑って話せる日が必ず来ます。

まずはあなたにとって小さくて大きな一歩を踏み出してみてください。

ブログ記事一覧に戻る

2018.05.09

女性にとってトレーニングの魅力とは

コラム

2018.04.25

スポーツに筋トレは必要ないのか!?②

コラム

2018.04.16

スポーツに筋トレは必要ないのか!?①

コラム

2018.03.28

ある男性がいくら糖質制限しても痩せなかった理由③

コラム
Web予約・お問い合わせWeb予約・お問い合わせ