西村ボディメイキングスタジオのトレーナーがお役に立つ情報をお届けします

menu

京都フィットネス界
初導入!!

フィジカル
遺伝子分析

お問い合わせ

075-212-0724

Webでの予約・
お問合わせはこちら
メディアの方へ

BLOGブログ

2018.03.15

ある男性がいくら糖質制限しても痩せなかった理由②

西村ボディメイキングスタジオの西村です。 今回は前回に引き続き糖質制限についての内容です! あなたも気になっていることがあるはずですのでぜひ最後まで読んでみてください。

糖質制限はリバウンドしないのか?

ある男性が糖質制限をしたものの、効果があまりなかったという事例から紹介しています。この男性は糖質制限に取り組み少しは体重が落ちたそうですが、途中で停滞してしまい再び体重が増えてしまうことになったそうです。

停滞とリバウンドを両方経験されたということです。
今回はこのパターンも含め、糖質制限についての第2弾ということで、2番目に多い「糖質制限はリバウンドしないのか?」という質問です。


経験上、糖質制限は多くの方がリバウンドしています。
糖質制限というダイエット方法は確かに痩せるスピードは早いですが、リバウンドのリスクも高いです。




その原因は下記のようなことです。
①糖質を制限し過ぎることにより栄養バランスが崩れ、無性に甘い物が食べたくなる。
②糖代謝が下がり、糖の分解機能が低下する。
つまりは脂肪として蓄積しやすくなる。
③筋肉をつくるのに必要な糖質が不十分で筋量が減り、代謝が落ちる。
④体のエネルギー源である糖質をカットすることで低燃費状態になるので糖質を戻した時に消化しにくくなり、結果として太る。

これも個人差がありますが、主な原因だと考えられます。
中にはずっと体型を維持されている方がいますが、ずっと糖質制限を続けているか、本当に戻らなくなったかです。
後者の方はほとんど見たことがありません・・・


低糖質をやめてリバウンドしてしまうほとんどの方は、糖質を落として痩せはしたけど結局太っていた時の生活に戻してしまったり、正しい食生活が出来ていないためリバウンドしていることが多いです。

太っている生活=正しい生活ではないという認識を持つ必要があります。


そもそも糖質は人間のカラダを動かすために必要な栄養ですし、糖質を全く食べないということは他の部分で弊害がでてきます。

ある男性がいくら糖質制限しても痩せなかった理由①でも書きましたが、決して糖質制限を否定しているのではなく人間らしい生活を送るためには楽しく糖質をとりながらいかに良いカラダをつくり、維持するかが大切です。

リバウンドしないためにはどうしたらいいか

答えは2つです。
1つがリバウンドしないために普段食べている物の栄養素を考える
これはかなり難しいです
何となくの知識はあっても、普段口にしている物がどのような栄養素でがカラダに効果があるのか分からないと思います。
そんなことを考えながら食べる食事はきっと美味しくないでしょう。

2つめがあなたが食べても太りにくい栄養素を見つけることです。
これは非常に簡単です。
カラダを構成している栄養素は5種類あり、その中でも特に大事な人のカラダを動かす3大栄養素であるタンパク質・脂質・糖質があります。


頭を使ったり、カラダを動かしたり、痩せるために使ったりと生活の様々な場面で使う栄養素です。
これらの栄養素を摂り過ぎたり、消化しきれない時に脂肪となってカラダに蓄積されるのです。
この3つの栄養素の消化・代謝能力も個人差が大きくあります。

代謝能力を調べるものが当店でも使用しているDNA検査です。
何となくは考えることですが、自分がどういう物を食べたら太り易いかが客観的に分かれば
リバウンドのリスクも少なく簡単に痩せることができるのです!

DNA検査については次のブログでお伝えしますのでお楽しみに!

続きが気になる方は下記Facebookページにいいねをしていただくとブログ更新時に通知されますのでぜひいいねを押してください。
投稿へいいねされると通知されませんので、ページのトップにいいねをしてくださいね。

西村ボディメイキングスタジオfacebookページ

ブログ記事一覧に戻る

2018.05.26

七瀬あきらの体験日記(11回目)

体験日記

2018.05.19

七瀬あきらの体験日記(10回目)

体験日記

2018.05.09

女性にとってトレーニングの魅力とは

お知らせ

2018.05.05

七瀬あきらの体験日記(8回目)

体験日記
Web予約・お問い合わせWeb予約・お問い合わせ