西村ボディメイキングスタジオのトレーナーがお役に立つ情報をお届けします

menu

京都フィットネス界
初導入!!

フィジカル
遺伝子分析

お問い合わせ

075-212-0724

Webでの予約・
お問合わせはこちら
メディアの方へ

BLOGブログ

2020.06.14

大手のトレーニングジムとパーソナルジムとの違いとは?

こんばんは!
西村ボディメイキングスタジオの西村です!

今回はコロナの影響でスポーツジムに通いたいけど通うのが怖い、という方からのご質問にお答えしようと思います!

コロナ禍での大手のトレーニングジムと個人トレーニングの違いは?
→トレーニングジムやフィットネスクラブも営業を休止している中、パーソナルトレーニングはコロナの影響も受けにくいのをご存じでしょうか

大手のトレーニングジムは未だに営業自粛している店舗も多く、スポーツジム難民も増えていますね・・・

当店にもジムのスペースを貸して欲しいというお問い合わせも多く・・・
かと言って見ず知らずのジムを使うことには抵抗ありますよね。

この投稿をご覧になってくださっているということは、少なからず今スポーツジムに行きたくて悩んでいる、もしくはジムに行けば感染するリスクがあるのではないかと悩んでいる、の大きく分けて二つではないかなと思います。

今回の記事ではそんなあなたの不安や疑問が解消されたら幸いです!

本題に入る前に1つ、人は最初に入った情報に対して反対の意見を受け入れられなくなっちゃいます・・・・

数字で出すと実に96%の人が例え間違っている根拠を示されても、最初に入った情報が正しいに決まっている!と思うんです!ビックリですねー


今回でいえばスポーツジムやパーソナルジム、ジムと言われる場所に行けばコロナにかかる!という前提がある方は、この記事を読み進める前にもしかしてジムに行ってもコロナにかからないかも・・・とつぶやいてみてください

そうすると情報の見え方が変わってきます!

それでは本題に入りましょうー

さてここからは政府から出されているガイドライン、専門家会議や現在の研究・検証結果からの西村の考察です。

もちろんこれからの研究で意見が変わることもありますし、コロナの感染に対して100%保証できる訳ではないということはご了承ください。

世の中100%なんてものは神様でもない限り存在しないですからね(笑)

新型コロナウイルスで怖いと言われているのがクラスターと呼ばれる集団感染です。

発症する・しないに関わらず感染する、クラスターが形成され、感染させるリスクがあるからこそ緊急事態宣言が発令されたんですもんね。

 

ここで重要になるのは3密と呼ばれている感染の条件です。

厚労省のホームページによると

  • 密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、
  • 密集場所(多くの人が密集している)、
  • 密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)

 

これが条件と言われています。

密集&密閉空間例えばジムでの感染例だとスタジオレッスンによる密集&密閉空間での感染が疑われていましたね。

スポーツジムは利用人数が多いものの、窓が少なく換気する場所が少ないことが難点かもしれません。

空調機は空気を循環させているだけなので厳密には換気してるとは言い難いですし・・・
窓が多く、空気清浄機が多いジムを選ぶのがこれからは良いかもしれませんね。

後は女性が感染した報告もよく目にしました。
昔ジムで働いていた者として考えられるのが女性はシャワーの滞在時間が長く、ロッカーやシャワーの距離も近い、同じ器具を不特定多数の人が触る
この辺りも考えられます。
スタジオレッスンの利用者も圧倒的に女性の割合が高いです。

次の密集場所ですが、これもスタジオレッスンやロッカールーム、ジムでのマット等のフリースペースは人が密集していると言えるかと思います。

最後の密接、これはいわゆるソーシャルディスタンスですね。

スタジオレッスンやプールレッスン、近距離での指導又は会話

これは実生活でも中々防げないですよね・・・

ただしこれは日本人のエチケットのなせる業で、マスクが活躍しますね!

最初はマスク自体には感染させない効果はあっても、感染するリスクは減らないとされてきました。

最近のアメリカのマウスを使った疫病研究によると、ウイルスを持ったマウスにだけマスクをさせるよりも、両方にマスクをさせることで感染を予防できることが分かりました。

その予防率は80%!

完璧に防げるとは言えませんが、不特定多数との会話を防ぎ、マスクを双方が着用することでかなりの確率で防げると言えるでしょう。

さてここまでご覧いただき、パーソナルジムはどうでしょうか?

大手のパーソナルジムはロッカールームを極限まで狭くしていることから密閉空間が生まれやすい可能性はあります。

しかしながら、トレーニングルームの窓を開けて常に換気・消毒をし、近距離での会話や大声での指導を避ける(めちゃめちゃツバが飛ぶぐらい大声で指導する人結構いるんですよ)

この対策をすることで感染リスクはかなり軽減されるはずです。

こういった条件を踏まえているからか、今またパーソナルジムを探している方が増えています。

上記の理由から、パーソナルジムは選んでも大丈夫だと思いますし、緊急事態宣言を解除されたので感染させないフェーズから仮に発症しても軽症で済ます
免疫を高めるフェーズに入ってきたかと

日本が感染拡大を防げたのは、集団免疫を持っている可能性を示唆する研究も出てきていることですし・・・

それでも感染が怖いし行きたくない!という気持ちもよく分かります。

という方には流行りのオンラインフィットネスなんていいですよねー

わざわざ足も運ばなくていいし、着替えもいらないしそっちのほうがいいやって方も少なくありません(笑)

 

いかがだったでしょうか?

あくまでも西村個人の考察ですので反対意見があることも重々承知です。

ただ緊急事態宣言が解除されたことを踏まえると、これからは集団活動・経済活動を送る上で一人一人が自発的に防ぐ方法を模索していく必要があると思います。

自粛警察を推奨するのではなく、あくまでも自分ができることですからね!

念のため

運動はあくまでも手段の一つですし、必ず必要だとは言いません。

ただ、運動にはあなたの人生を更に良くする思いもしない効果があります。

 

これからは運動の知られざる効果をお伝えできればと思っているので、これからもぜひ継続してご覧ください!

ブログ記事一覧に戻る

2020.04.08

オンライントレーニング実施中!

お知らせ

2020.02.21

実は成功したくない?目標達成できないたった一つの落とし穴

お知らせ

2020.02.10

知りたくないですか?成功者が実践している元旦に立てた目標の達成方法

お知らせ

2019.12.18

結果を出すにはトレーニングと・・・

コラム
Web予約・お問い合わせWeb予約・お問い合わせ